2005年05月19日

回路シュミレーターSpice(ちょっと関係ないひとにはつらい話)

Spiceというのは電気回路の動きをシュミレートするためのアプリケーションで、カリフォルニア大学のバークレー校で開発されました。
実際に回路を作る前に、温度によってどれくらい影響をうけるのか、ノイズにどれくらい強いのかといったこともわかるので、失敗を未然に防ぐという点で有用です。
で、まぁ、Spiceの説明はこのくらいでやめといて(えぇぇぇちゃんとしたSpiceユーザーの皆さんは上の説明を読んで腹を立てるとおもいますが^_^;)今日はそのSpiceというものを研究室のパソコンに入れるために探してみました。

もともとは大学の作ったソフトなんだけど、最近はアチコチでいじくられて、企業で売ってるお金のかかるやつから、有志の方々ががんばって無料で提供してくださっているものまでいろいろあります。
こまったのはですねぇ、Spiceって名前のついた音楽団体(アーティストなりバンドなりなんなり)があったり、Spiceという名前で回路シュミレーターとはまったく関係の無いソフトウェアがたくさんあったりして調査は難航しました。

さきほどもお話したようにSpiceにはいろいろな種類があるので、自分の好みにあったものを探すのがよいのかもしれません。個人的に、以下のようなものを仮定しました。


  • 無料である

  • 商用のやつって高いんですよ〜。平気で1万とか2万とかする。それに、まぁ、めったに使うことは無いので、お金を払うのもばかばかしいということもあり、無料で使えるものをさがしました。
  • マクロモデルが使える

  • えぇっと、電子素子っていろいろありますよねぇ。ダイオードとかトランジスタとかIC(ムカデみたいなやつ)とか。これは製品によって細かい性能が違うので、生産している企業が、その回路の性質を事細かに記したものをWeb上に公開しています。んで、そいつをSpice系のシュミレーターで読んでやると、簡単にその素子の動きを模倣することができます。
    でも、商用のSpiceの評価版として提供されているものの中には、このマクロモデルが使えないものもちらほら。
  • 普通のSpiceである

  • えぇっと…なんか変な話なんですけど、いろんな方がこのSpiceをいじって公開してるので、あるSpice系のソフトでは動いたファイルなのに、こっちのSpice系のソフトでは使えないということがよくあります。でね、ちょこっと書き換えてやらないといけないんですけど、小さい回路くらいならいいんですけど、上にあるようなマクロモデルなんか書き換えなきゃいけないとなると大変ですからね。そういう意味で普通のSpiceであること…
    えぇぇぇぇ、Spice自体がバージョンによってファイルの互換性がないという話はまた別として…
  • Windowsで動く

  • これ大事


と、いうわけでこの条件にぴったりのものがあるかと探してみました。

Ngspice-15 for Windows
まず最初に見つかったのは、コレ。Spiceのもつ幾つかの弱点を克服したNgSpiceのWindows版です。さっそくインストール!おっ。使えますよ。上の条件もすべてクリアです。ただ、なぜか知らないけど、PCの管理者の権限で入らないとエラーがでて落ちる
orz 断念


SPICE3f5 for MS Windows
適当にgoogleでさがしてたら出てきたページ。つかえそうです。ただ、どんなに探してもLicenceのことが見つからない。うぅぅぅん。いきなり

有料じゃ。わらぁ
天下の大学院生ともあろう者が
   まさか知らんかった訳じゃ無かろうのぉ

といわれても困るので使うのはどうしようかと考えている最中。まぁ大丈夫だと思いますが。ここを読んでいる方のなかで、このソフトをダウンロードしてLicenceはここを読めばわかるというのがわかった方がおられましたらお伝えください。

Spice+
最後に見つけたのがコレ。もう夜も遅いので試していません。普通のSpiceという条件を満たしているのか少し微妙。でもまぁ、大丈夫そうです。だって
Spice+ is a general-purpose circuit simulation program, based directly on Spice3f5, developed at the University of California (Berkeley). It works under DOS (DJGPP), Windows (MinGW) and Linux.

Spice+はバークレー校のSpice3f5を元につくった回路シュミレーターじゃわら。DOSとかWindowsどかLinuxで使えるで

Spice+ is strictly a non-profit project. The main purpose is to allow university student and people interested in to simulate their circuits without buying expensive simulation programs or being limitated by free trial versions of these software. Besides, source code is available, so students or researchers can use it as basis for their new models and algorithms.
Spice+は非営利なんじゃ。回路のシュミレーションに関心をもった大学の学生とかにのぉ、高いプログラムを買わせたり、制限のついた評価版を使わせたりするのはかわいそうじゃろぅ。そういうかわいそうな学生や研究者に使われるとわしゃ幸せじゃ

と書いているもん。(日本語訳(特に後半)は嘘だらけです。真に受けないように)
まさに目的にかなったものといえるかもしれません。感想はまたいつか(^_^;)
posted by metola at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(4) | 物理関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3755254

検索ワードランキング〜
Excerpt: 自分あてにトラックバックしてりゃ世話ないなと思う今日このごろ。
Weblog: きのこな夜(日記)
Tracked: 2005-08-08 11:38

回路シュミレーター Qucs
Excerpt: 以前回路シュミレーターに関する記事を書いたのですが、そのまま放置していたのが気になったので、最近発見したシュミレーターのお話を Qucsというソフトがあるのですが、なんだかすごいヤツがまた出来たなと..
Weblog: きのこな夜(研究室)
Tracked: 2006-05-29 12:01


Excerpt: SPICE (ソフトウェア)SPICE(スパイス)は電気回路、電子回路のシミュレータであり回路のアナログ動作を再現するものである。Simulation Program with Integrated ..
Weblog: カテゴリとしてはエレクトロニクス
Tracked: 2007-08-06 14:44


Excerpt: SPICE (ソフトウェア)SPICE(スパイス)は電気回路、電子回路のシミュレータであり回路のアナログ動作を再現するものである。Simulation Program with Integrated ..
Weblog: カテゴリとしてはエレクトロニクス
Tracked: 2007-10-12 04:16

Physical Review

Recent stories in Physical Review Focus

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。